17年05月18日 | | 支払いのトラブル はコメントを受け付けていません。

売掛金をしていく中で、トラブルが起きるという事は決して少なくありません。中でも相手が悪意を持って支払いを滞らせているという場合は、こちら側が何もしないままでは回収する事はできないでしょう。では、相手が悪意をもって支払いをしないという状態になった時には、どのように対処すればよいのでしょうか。相手がわざと支払いをしないという状況になった場合、こちらからアクションを起こさない限り売掛金の回収をする事は非常に難しいですから、まずは弁護士に相談をすると良いです。

弁護士に相談する事で、回収する相手に対して交渉などを代行してもらう事もできますし、法的手段に移行する場合もスムーズに手続きを行ってもらう事ができます。最初から法的手段に訴える事に抵抗がある場合、交渉によって相手と売掛金の支払いについて話し合うという手段もありますが、やはり素人よりも弁護士などの専門家に任せた方が円満に交渉が解決する場合が多いです。また相手に対して専門家である弁護士が交渉をする事で、こちら側に訴訟などの法的手段に訴える用意があるという事を示す事も重要です。

売掛金回収のトラブルを素早く解決するためには、弁護士など専門家への相談が非常に重要となります。スムーズな交渉、法的手段をとる場合の準備など売掛金に関するさまざまな状況で頼りになりますから、もし売掛金の回収でトラブルが起きた時にはまず弁護士に相談するようにしましょう。

関連HP《弁護士法人アディーレ─売掛金回収トラブル相談》


17年05月17日 | | 相手の資力に合わせる はコメントを受け付けていません。

売掛金の回収をするためには、相手の資力にも注意しておかなくてはいけません。売掛金の回収は相手が支払う事ができなければ回収する事ができませんから、例えば相手の会社が倒産してしまったり破産宣告までされてしまうと、売掛金の回収はできなくなってしまいます。売掛金の回収はこのように回収が不可能になるという状況も考えられますので、そうならないためにも相手の資力をきちんと確認しておく必要があります。

相手の資力に合った売掛金の回収をしたいという場合には、弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。相手の資力に合わせた無理のない回収スケジュールなどを考えてもらう事ができますし、トラブルが起きた時にはすぐ法的手段に訴える事も可能となりますから、経営者にとっては大きな助けとなってくれます。相手の資力をきちんと把握し、無理のない回収を行っておかないと相手の会社が倒産してしまったり、自己破産などをしてしまって回収が不可能となってしまいますから、専門家にアドバイスをしてもらったり代わりに交渉をしてもらうなどをするようにしましょう。

売掛金の回収で、相手の資力を確認せずに支払いの催促などを続けてしまうと、相手の資力を超えた回収をしてしまって倒産や自己破産といった結果になり、回収ができなくなってしまう危険があります。そうならないためには、弁護士など専門家に相談し、相手の資力に合わせた回収を行うようにしましょう。


17年05月16日 | | 消滅時効とは何? はコメントを受け付けていません。

売掛金回収で一番気を付けておきたいのが消滅時効です。この消滅時効というのは、売掛金の回収する権利が一定期間経過する事で時効となってしまい、回収する事ができなくなるというものです。売掛金の消滅時効は2年となっており、この間一度も回収の催促などをしないままにしておくと消滅時効となり、売掛金の回収ができなくなってしまいます。消滅時効は売掛金だけではなく、債権のほとんどで発生しますので、きちんと時効までの期間を確認しておく必要があるでしょう。

ただ、消滅時効は債務者側が時効であることを主張して初めて発生するものですから、債務者側がそういった主張をしない限りは消滅時効の期限を過ぎていても支払いの催促をすることなどは可能です。また消滅時効はその期間中に支払い催促をするなど、貸した側が権利を行使すれば時効を中断させることができますので、時効が迫っているとわかった時にはすぐ支払い催促などをするようにしましょう。消滅時効が経過した後でも、債務者が時効を主張せず支払いに応じた場合は時効が成立していたとしても、そのまま支払いを続けることになります。

消滅時効は売掛金回収において、一番に気を付けておかなければいけないものです。消滅時効が成立してしまうと、それ以降の支払いの催促など回収はできなくなってしまいます。時効の期間は債権の種類によって違ってきますので、売掛金以外の債券の時効消滅の期間なども確認しておくと良いでしょう。


17年05月15日 | | 売掛金回収の注意点 はコメントを受け付けていません。

売掛金の回収は経営者や個人事業主にとって非常に重要なものです。売掛金の回収ができないとそれだけ損となってしまいますし、回収を弁護士などに依頼するとコストや手間もかかりますので、できるだけ回収できるように考えなければいけません。そのために売掛金回収において注意しなければいけないポイントを知っておく事は重要で、どういった点に注意するのかを知らないままだと、売掛金の回収が不可能になってしまうという事態にもなりかねません。経営者にとって売掛金を回収できないという事は大きな損失となってしまいますから、売掛金回収で注意するポイントをきちんと知って、そのうえで回収ができるようにしておきましょう。

回収をする時に気を付けておきたいポイントは消滅時効や相手の資力について、相手に返却する意思がない場合などさまざまで、これらについて知っておかないといざという時に対応できずに未回収となってしまう危険があります。最悪の場合は法的な手段を取る事を考えなくてはいけませんから、きちんと回収する時の注意点を知っておくと良いでしょう。また、例えば期限を忘れていたり払うのを忘れていたという単純なミスであれば電話だけで解決できるケースも多く、きちんと電話対応をしてくれる相手ならばそこまで売掛金の回収が困難になるという事はありません。

売掛金回収における注意点は、知っておかないと売掛員の回収ができなくなるという危険もあります。知るべきポイントをきちんと知っておき、売掛員回収においてミスをしてしまわないように気を付けましょう。